卵巣がんの症状と治療


卵巣がんは普通50歳から70歳の女性で最もよく起こる病気です。
そして女性70人に1人の割合で卵巣がんになるといわれています。
また、女性の生殖器系のがんにもいろいろありますが、卵巣がんはそのなかでも3番目に多いそうです。

しかも、卵巣がんで死亡する女性は意外と多いので気をつけてください。
卵巣がんになったがん細胞は、骨盤と腹部の他の部分に広がって、最終的には肝臓や肺に転移することもあります。


卵巣がんの症状

卵巣がんの初期症状として、消化不良によく似た下腹部のはっきりしない不快感があります。
子宮からの出血は卵巣がんの一般的な症状ではないようです。
そして卵巣がんは初期症状でこれは卵巣がんだと診断することはむずかしいそうです。
 
卵巣がんだとはっきりわかる症状は、普通がんが卵巣をこえて広がるまであらわれないからだそうです。
また、似たような症状をもつ別の病気だと判断されやすいからです。
でも、卵巣がんではないかと疑いを持ったら、病院で超音波スキャンとかCTの検査を受けた方が良いです。


卵巣がんの治療


卵巣がんの治療はふつう外科手術ですが、
がんが卵巣だけなら、がんに冒されている側の卵巣と、
それに隣接している卵管だけを摘出することができるかもしれませんが、
ガンがすでに卵巣をこえて広がっていたら、
卵巣と子宮の両方を取り出さないといけないそうです。
本当に怖い病気ですので、
少しでも卵巣がんではないかと疑ったらすぐに病院で検査を受けましょう。


p53誘導体配合製品なら、全分子フコイダンエキス



posted by 美健康テクニシャン at 00:03| 卵巣がんの症状と治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする