冷え性改善の裏ワザ


冷え性のひとにおすすめの裏ワザがあります。

太ももに手をおいて、ゆっくり呼吸するというものです。

ためしてガッテンでも放送されてましたが、

冷え性の原因のひとつが、ストレスとか疲労などによって

交換神経が過度に緊張することで、血管がしめつけられて、

そのために血流が悪くなることからくるものです。


そのために、これを解消するためには、

交感神経をゆるめることが大切だそうです。



太ももに手をおくだけで、太股のぬくもりを手が感じ取ります。

そうすると、手があたたかくなってきたという安心感から

交感神経の緊張がほぐれて、

血流がよくなり、

手足がしだいにあたたかくなっていくというものです。



その冷え性改善のやり方としては、

太ももに手を置いてゆっくり呼吸すればよいです。



具体的に番組がやっていたのは

1)椅子に楽な姿勢ですわります。そのとき背筋はのばします。

2)太股に手のひらをおいて目をとじます。

3)ゆっくり呼吸をします。
 そのとき、心の中でつぎのことばなどを繰り返しとなえるとよいそうです。
「腕があたたかい」「脚があたたかい」など、
 自己暗示にかけるようなことばです。

4)最後に伸びをします。

1回5分程度。1日3回を目安にするとよいです。



冷え性改善のためには、いろいろなグッズやサプリなどもあるので、
自分にあったものをためすというのも一考ありますね。

そのなかから少し紹介しておきますので、
気になるものがあれば、そちらのサイトもごらんください。






posted by 美健康テクニシャン at 13:58| 冷え性改善の情報方法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする